医療レーザー脱毛と針脱毛の違いについて

ムダ毛の処理の施術としては、医療レーザー脱毛と針脱毛が存在しています。医療レーザー脱毛と針脱毛の違いとしては、まず医療レーザー脱毛がクリニックで受けられるのに対して、針脱毛はエステで受けられることが挙げられます。医療レーザーは医師でしか取扱いができないため、医療レーザー脱毛はエステでは施術ができないようになっています。次に医療レーザー脱毛と針脱毛は施術方法に大きな違いがあります。

 

医療レーダー脱毛の施術では、専用の機器を使って医療レーザーを照射することで脱毛をしています。医療レーザーはメラニンにだけ反応する特徴があることから、効率の良い処理ができるようになっています。また、針脱毛の施術では、エステティシャンがムダ毛の毛穴1本ごとに電気針を刺していき、その後に針に電気を流すことでムダ毛を焼いて処理をしています。このような両者の施術方法の違いから、施術時の痛みの感じ方に違いが出ています。医療レーザー脱毛の施術時の痛みとしては、ゴムで弾かれたような痛みがあります。一方、針脱毛の施術時の痛みは、医療レーザーよりも強い痛みを感じることが多いです。また、1回あたりの施術範囲としては、医療レーザー脱毛は広い範囲の脱毛が可能となっています。

 

そのため、背中や腹部、太ももなどの脱毛でも短期間で脱毛をすることができます。しかし、針脱毛は毛穴ごとに針を刺す手間が掛かるため、1回の施術で狭い範囲の脱毛しかできない面があります。両者の施術後においては、医療レーザー脱毛は始めの施術から1カ月程度経つと、再びムダ毛が生えてくることが多いです。しかし、何度か施術を繰り返すとムダ毛の本数を減らすことができます。しかし、永久脱毛はできないために定期的に施術を受ける必要が出てきます。それに対して、針脱毛は施術を繰り返していくと、ムダ毛を生えてくなくする永久脱毛ができる特徴があります。通常は1年程度エステに通うと永久脱毛が可能となり、以後はエステに通わなくてすみます。